節約術・特集

【裏技】スタバカードの圧倒的にお得なチャージ方法を公開!知らなきゃ損のその理由とは

スタバファンなら必ず知っておきたいスタバカードの使い方。どうせ使うなら一番お得な方法でカードを使いたいですよね。

今回は、知らなきゃ損なお得情報を公開しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

スタバカードとは


Photo by starbucks coffee

スタバカード とは、SuicaやPASMOのようにスタバで使えるプペイドカードのこと。

現金を持たずにお会計ができて便利な上に、お会計金額に合わせたスター(スタバのポイント)が貯まっていくのでスタバによく訪れる方は1つは持っておきたいカードなんです。

カードの概要や、お得な会員登録について説明します。

全国で使えるポイントカードの役割も

スタバカードは、

  • 現金
  • クレジットカード
    (デビットカードでもOK。ここからはまとめてクレジットカードと書きます)

上記の方法でチャージすることで使用することができます。

スタバカードは前払いのチャージ式で、1,000円から30,000円までなら、1円単位でチャージすることができます。

電子マネーのように1枚あれば何度でもチャージ可能です。クレジット決済であれば、24時間いつでもどこにいてもチャージすることができます。

事前オーダー&お支払いが可能に

会員サイト「My Starbucks」に登録すると、アプリで事前にオーダー&受け取りができる「モバイルオーダー」のサービスが利用できるようになります。

レジに並ぶ必要がなくなるので、近くのスタバ店舗が混んでいることが多い方や、忙しい方にぜひ利用してほしいサービスです。

また、カード番号をサイトで登録することで初めて、ポイントがたまる仕組みとなっています。貯まったポイントでドリンクやコーヒー豆などの商品と交換することができてお得です。

会員登録は無料で、年会費なども発生しません。

その他にもさまざまなお得な得点を受けることができるので、登録はしておいて損はないでしょう。

スタバカードをWeb登録するメリット・デメリットは?支払いがお得になる方法とは

続きを見る

スタバカードの使い方

一括りにカードといっても、以下の全4種類のスタバカードがあります。

  • プラスチックのカード
  • スタバのモバイルアプリ
  • キーホルダータイプ
  • おサイフケータイ

形は違うが、プリペイドカードとしての機能はどれも同じ。

しかし、それぞれ利用方法が異なります。スタバカードの支払い方法や入金方法など、基本的な使い方をマスターしましょう。

3秒で終わる!会計時に提示するだけ

スタバカードを利用する際は、スタバでのお会計時に店員へカードを渡すだけでOKです。カードやスマホで支払いができるので、レジでの支払いが簡単で時短にもなります。

人気のスターバックスは店内が混んでいることもよくあり、お会計時も焦らずスムーズに支払いすることができます。

注意したいのは、ポイントの付与はスタバカードで利用した金額分のみしかされません。ポイントを多く得たい人は、なるべくカードを利用した方がよいでしょう。

残高、利用履歴も簡単に確認

また、会員登録をすると、スタバカードでの入金履歴や支払い履歴を細かくチェックすることができます。

スタバを頻繁に利用する方には便利な機能です。家計簿をつけている場合もわかりやすいですし、お金の使いすぎ防止にもなります。

カードの残高も確認することができるので、チャージのタイミングも分かりやすくなります。スタバの利用もより簡単になるのでおすすめです。

チャージ方法の種類

スタバ店頭では、現金とクレジットカードによるチャージを受け付けています。

「1000円から1円単位」で対応されています。ただし、スターバックスへの会員登録が必須で、オンライン・アプリ上では、クレジットカードでの入金ができます。

入金が面倒な方は、スタバカードの残高が不足すると自動引き落としがされる「オートチャージ」の設定をすると便利です。

スタバカードへのチャージで無料チケットゲット!

スタバカードへ5,000円のチャージを行うごとに、好きなドリンクが1杯無料になるチケット配布キャンペーンを開催することがあります。

スターバックスカードの上限は30,000円なので、1枚のカードで最大6枚の無料チケットが貰えます。

キャンペーンの開催期間は不定期なので、公式SNSやスターバックス公式ホームページを細かくチェックしてみましょう。

スタバカードの嬉しいメリット

スタバカードを利用するすることで得られる特典はさまざまです。スタバを賢くお得に使用したいのであれば、カードの作成と会員登録は早めに済ませておきましょう。

つぎに、具体的なメリットをご紹介します。

クレジットカードチャージでさらにお得

スタバカードに登録すると、「Starbucks rewars」というスタバ独自のポイントプログラムに参加することが可能となり、スターバックスカードでの支払い54円(税込)につき1starが貯まります。

貯まったstarは、税抜き700円までコーヒー豆やお好きな1品(ドリンク、フードなど)と交換することができます。

ただし、Starは「商品購入以外のスターバックスの取引」は付与の対象外となっています。

チャージでは、Starが付与されません。 スタバのポイントはチャージではたまりませんが、クレジットチャージすると「カード会社のポイント」は獲得できます。

チャージの還元率は、クレジットカードの種類によって大幅に上がるでしょう。クレジットカード側の条件をクリアすれば、約9~14%にもなります。 

オートチャージができるのもクレジットカードの利用時だけです。設定しておけば、プリペイド残高を気にせずに使用できます。

会員ならドリップコーヒーのおかわり100円

コーヒーおかわり「ワンモアコーヒー」が100円→150円に値上げされましたが、Web登録済のスタバカードで支払うと100円でおかわり可能です。

※デジタルスターバックスカードの場合は最初から100円でおかわり可能。

頻繁にスタバを利用する人にとっては普通にドリップコーヒーを注文するよりもより安くおかわりでき、賢くお得にコーヒーを飲むことができます。

たかが1杯50円分といっても、日常的にスタバを利用するということであれば非常に大きいです。

種類ごとの作り方

スタバカードは物理的なプラスチックカードからデジタル版まであり、発行する方法が異なります。それぞれの作成手順や注意点を説明します。

店舗発行のプラスチック型

誰もが「スターバックスカード」と聞いてイメージするであろうカードが、プラスチックのプリペイドカード。スタバ各店舗やセブン-イレブンで作成できます。

発行するためには最低「1000円」の入金が必要になりますが、チャージした「1000円」はスタバで利用することができるので、カード自体は実質無料で手にすることができます。

プラスチック型カードのメリットは、複数の種類から好みのデザインを選ぶことができること。

季節限定や地域限定のデザインなど、数多くの種類があるのでオリジナリティーを追求した1枚を見つけることができます。

公式アプリで発行のデジタルスターバックスカード

スタバカードを一枚も持っていない場合でも、スタバの公式アプリで発行できるカードが「デジタルスターバックスカード」といいます。

注意してほしい点は、発行は公式サイトではなくアプリまたはWEB版モバイルオーダー&ペイの画面のみで受け付けているところ。

カードの登録は、登録画面で「Digial Starbucks Card」を選択するだけです。

上記で紹介したプラスチック型とは異なり、登録時に一定金額をキャージする必要はありません。 クレジットカードでのチャージ後に、バーコードを提示して支払います。

おサイフケータイ対応のモバイル スターバックス カード

おサイフケータイとして利用することのできる「モバイルスターバックスカード」は、My Starbucks会員に登録する必要があります。

会員サイトの登録画面から「モバイル スターバックス カード」を選択し、登録情報を入力することで発行手続きをすることができます。

Androidのスマホでおサイフケータイが使える場合にはスタバの支払いも可能。おサイフケータイ対応のスマートフォンで、スピーディーな支払いが可能。

デジタルアイプ同様、発行時のチャージは不要です。残高照会やオンライン入金なども利用することができます。

LINEアプリで発行のLINEスターバックス カード

LINEアプリのアカウントがあれば発行することのできる、スタバカードです。支払う場合はレジでバーコードを表示し、読み取ってもらいます。

My Starbucks会員登録不要でスタバのstar(ポイント)がためることができます。

作成方法は、まずLINEアプリを起動し「ウォレット」から「マイカード」をタップ、さらに「LINE Starbucks Card」の「+」をタップすることで登録することができます。

スターバックスの「LINE公式アカウント」のメニュー画面より「LINEスターバックスカード」を選択する方法でも発行可能です。

季節ごとに限定の着せ替えデザインも登場するのも楽しみの1つになります。

スタバカードにおすすめのクレジットカード

スタバカードをお得に賢く使うためには、クレジットチャージは欠かせません。スタバカードと連携する際の、おすすめクレジットカードをご紹介します。

高還元率が魅力 JCB CARD W

世界に約3000万店の加盟店を誇る「JCB CARD W」は、スタバカードとの相性が抜群です。

JCBカードでオンライン入金・オートチャージすれば、通常の10倍のOki Dokiポイントが加算されます。 

また、なんとスターバックスはJCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されていて、14.8%の還元率でポイントを貯めることができます。

14.8%の内訳

  • 通常還元率0.5%
  • +10倍(JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典)
  • 0.5%(JCB CARD W特典)
  • +3.5~9.3%(スタバカードの還元率)=14.8%

JCBカードのポイントとスタバのポイント(star)を二重取りするのが、もっともお得で賢い利用方法なんです。スタバを頻繁に利用する方はぜひ利用してほしいサービス。

ほかにも、オリジナルパートナーは多数あり、対象店でのポイントアップなどが期待できます。 

「JCB CARD W」の公式サイトはこちら

 

付与率アップキャンペーン!エポスカード

エポスカードは年会費永年無料、ポイント還元率は0.5%です。 通常のポイント還元率は低めですが、エポスカードはスターバックスカードの チャージでポイント付与率がアップするキャンペーンを不定期で開催しています。

過去の例ではエポスカードなら10倍、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードは15倍のエポスポイントが付与されました。

優待施設は「魚民」「笑笑」などの居酒屋から映画館、ライブのチケット、カラオケ、スパ、美容院、フィットネス、ショッピング施設などで優待を受けられます。

スタバ以外でも活用できそうなのであれば、サブとして持っていてもいいですね。

「エポスカード」の公式サイトはこちら

 

まとめ

スタバカードは、自分のスタイルにあった方法で持っておくことのできる便利カードです。無料会員登録をすればポイントが貯まったり、無料チケットなどのさまざまな特典が受けられます。

また、クレジットカード決済に対応していますが、もっともおすすめの支払方法はスターバックスカードです。

対象のクレジットカードからスターバックカードをチャージすると、特約店ポイントなどが貯まって最大で5%もお得になります。

カード利用のポイントを獲得できるため、現金によるチャージよりもお得なのでしょう。

公式サイト(スターバックス コーヒー ジャパン) 

スタバカードの使い方を徹底解説!残高紹介?期限?メリット・デメリットを紹介

続きを見る

【スタバ】本当は教えたくない!マニア直伝の裏技18選【上級者向けサービス】

続きを見る

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

 

おすすめ記事



特集一覧

節約術・特集

【徹底解説】スタバはクレジットカード払いOK!一番お得な支払い方法をご紹介

スターバックスを利用している方にとって、クレジットカードが使えるかどうかは気になる疑問ですよね。 クレジットカードが使えるのであれば、ポイントが貯まったり支払いが楽になるのでできればクレジットカードで ...

節約術・特集

【裏技】スタバカードの圧倒的にお得なチャージ方法を公開!知らなきゃ損のその理由とは

スタバファンなら必ず知っておきたいスタバカードの使い方。どうせ使うなら一番お得な方法でカードを使いたいですよね。 今回は、知らなきゃ損なお得情報を公開しますのでぜひ参考にしてみてくださいね! 目次 ス ...

節約術・特集

【必見!】スタバのお会計が14.8%ポイント還元!クレジットカードのおすすめ

スタバが好きな人「スタバの飲み物は好きだけど、ちょっと高く感じるんだよなぁ。新作フラペチーノなんて700円くらいする時もあるし・・・。もう少し安く飲める方法があればいいのになぁ。」 今回はこういった悩 ...

-節約術・特集
-

Copyright© epuron , 2020 All Rights Reserved.