節約術・特集

【必見!】スタバのお会計が14.8%ポイント還元!クレジットカードのおすすめ

スタバが好きな人「スタバの飲み物は好きだけど、ちょっと高く感じるんだよなぁ。新作フラペチーノなんて700円くらいする時もあるし・・・。もう少し安く飲める方法があればいいのになぁ。」

今回はこういった悩みがある方の解決法をご紹介します。

 

結論から言うと、スタバと連携したクレジットカードを使うことで安く飲むことができます。スタバによく訪れる方は必見情報なので、ぜひこの記事で知ってみてください。

クレジットカードのメリットデメリットもまとめているのでぜひ参考にして見てくださいね!

スタバをお得に利用しましょう!

 

↓ ↓ 続きをすぐにご覧ください ↓ ↓

お会計を安く!スタバでクレジットカードを使うメリット3つ

 

次の3つ。凄すぎ・・・。

 

  • メリット①:スタバカードへのチャージ&お会計がラク
  • メリット②:チャージ金額の14.8%がポイント還元率
  • メリット③:スタバカードとの併用でさらにポイント2重取り

順番に解説していきます。

 

メリット①:スタバカードへのチャージ&お会計がラク

通常、スタバのお会計は現金で支払うか、スタバカードで払う場合は店頭で入金をしてから支払いをする必要があります。

しかし、クレジットカードを持っている方に限りオンラインでクレジットカードから入金できる「オンライン入金」が利用できるんです。

 

さらに、設定金額未満になるとクレジットカードから自動入金される「オートチャージ」を利用することができるので、毎回のチャージが面倒な方におすすめ

キャッシングが怖い人は設定金額を低めに設定しておくと安心ですよ。現金を使ってのお会計よりもスムーズで無駄な時間を節約できます。

 

メリット②:チャージ金額の14.8%がポイント還元率

なんとスターバックスはJCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されているので、高還元率を可能としています。

 

14.8%の内訳

通常還元率0.5%
×10倍(JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典)
0.5%(JCB CARD W特典)
+3.5~9.3%(スタバカードの還元率)
=14.8%

かなりの還元率なので、普段からスタバを利用する私は年間80,000円程還元されています

 

メリット③:スタバカードとの併用でさらにポイント2重取り

上記で5.5%のポイント還元が受けられると書きましたが、ポイントが2重取りできるクレジットカードがあるのです。

ポイントの2重取りとは、スターバックスカードで支払いやチャージをした際にスターバックスのポイントが付与されるだけではなく、クレジットカードにもポイントが付与されることです。

  • クレジットカードでスタバカードにチャージするとクレジットカードにポイント付与
  • スターバックスカードを使って店舗決済をするとスターバックスのポイント「Star」が付与

Starとは、スターバックス独自のポイントのことです。

 

1回50円(税抜)のお支払いにつき1グリーンStarがスターバックス会員アプリMy Starbucksへ付与されます。

Starを貯めることでさまざまな特典が受けられるので利用しないと損ですよ。

詳しくは【スタバカードをWeb登録するメリット・デメリット】からどうぞ。

 

スタバでクレジットカード利用のデメリットは1つだけ→財布のカード枠が一枚分多くなる

唯一のデメリットがこれかなと。
なので、カードを使いたい時だけ財布に入れて持ち歩き、そうでないときは家で保管しましょう。

スタバカードへのチャージはクレジットカードを持ち歩く必要がないので、一度登録してしまえば家での保管で全然問題上に、紛失する恐れもなくなります。

 

JCB CARD W

JCB CARD Wは年会費が無料な上にスタバとの相性抜群のカードなので、スタバ利用するなら絶対使って欲しいお得なクレジットカードです。

なんとスターバックスはJCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されていて、14.8%の還元率でポイントを貯めることができます。

14.8%の内訳

通常還元率0.5%
×10倍(JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典)
0.5%(JCB CARD W特典)
+3.5~9.3%(スタバカードの還元率)
=14.8%

ドリンク1杯590円とすると、1杯あたり87円もお得になります。

 

ちょっと補足①:クレジットカード手数料は請求される?

店によってはクレジットカードの利用手数料を請求してくる場合があります。ですが、クレジットカードでスタバカードにチャージする際は手数料はかかりません。

例えば、1,000円のチャージをすると引き落としされる金額は1,000ポッキリです。

 

ちょっと補足②:年会費はかかる?

JCB CARD Wは年会費が無料なのに、いつでもどこで利用してもポイント還元率が1.0%と大変お得なクレジットカードです。

新規入会で大幅ポイントアップ!

  • ネット新規入会限定!最大11,500円分プレゼント
  • スマリボ登録&利用でポイント10倍に!
    【対象期間】:2020年4月1日~2020年9月30日の間の申し込み分

 

【期間限定】今がチャンス!お得な入会特典

今だけ期間限定でさまざまな特典を受けることができます!

お得な入会特典

  • 39歳以下限定のJCBオリジナルシリーズ!
  • 【期間限定】Amazonポイント10倍!
  • Web入会なら最大11,500円をプレゼント!
  • さらに新規入会ポイント4倍!
  • ポイントはいつでも2倍に!

 

14.8%還元の条件は以下の通りです

  1. コチラからキャンペーン登録
  2. スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージにJCB CARD Wを利用
  3. 1回で1,000円以上入金する

 

まとめ:スタバをもっとお得に利用しよう

以上、スタバのお会計を安くする方法と、そのクレジットカードのメリットとデメリットでした。ポイントをサクッとおさらいしますね。

 

  • JCB CARDを利用することでスタバのお会計がおトクに。
  • メリット①:スタバカードへのチャージ&お会計がラク
  • メリット②:チャージ金額の14.8%がポイント還元率
  • メリット③:スタバカードとの併用でさらにポイント2重取り

 

こんな感じ。

本記事でも触れていますが、スタバカードと併用することでさらにStarやお得な特典を受け取ることができます。この部分の深掘りは、スタバカードをWeb登録するメリット・デメリットは?にまとめています。

 

また、スタバカードの詳しい使い方については、スタバカードの使い方を徹底解説!にまとめていますので、こちらも是非!

スタバカードの使い方を徹底解説!残高紹介?期限?メリット・デメリットを紹介

 

-節約術・特集

Copyright© epuron , 2020 All Rights Reserved.