スタバ 、日本でも紙ストロー導入する理由は?いつから開始か

トレンドニュース

スターバックスの全店舗で、2020年からストローがプラスチック製から紙製に切り替わることが決定しました。スタバの紙ストロー提供は、韓国スタバなどで以前からスタートしていて、実際に紙ストローを使用した人々からは「紙ストローはすぐにフニャフニャになって使いにくい」という声が多く上がっています。

それでも紙ストローを導入する理由は?そして、いつから導入する予定なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

「紙ストロー」の導入はいつから?

スターバックスコーヒージャパンは、国内のスターバックスで2020年1月からプラスチック製ストローを紙ストローに順次切り替えると発表しました。

3月までに国内全店舗となる1500店に導入し、5月からは一部のフラペチーノなどに使う太いストローも紙製に切り替える予定です。

この発表から導入までの期間があまりにも短いため、驚いた方もいるのでないでしょうか。スタバを普段から頻繁に利用するファンからするとただ事ではない知らせだと思います。

年間2億本の削減

プラスチック製のストローと一部のフラペチーノに使う太いストロー、この2種類を合わせて年間2億本のプラスチック製ストローの削減につながるという。

アメリカのスターバックス本社は2020年末までに全世界のスターバックスで、使い捨てのプラスチックストローを全廃することを2018年7月に発表していました。

スタバが「紙ストロー」を導入する理由

紙ストロー導入の背景には、プラスチックごみによる海洋汚染への関心が高まっていることがある。プラスチックのごみが海に流れ込み細分化され、微小な「マイクロプラスチック」となる。

分解されるまでに数十年から数百年かかるとされるが、魚や鳥類などの生き物の体から見つかるなど汚染が深刻になる。

有識者らが集まる世界経済フォーラムのダボス会議は2016年、少なくとも世界で年間800万トンのプラスチックが海に流出していると推計した。「2050年までに海のなかのプラスチックが世界中の魚の量を超えてしまう」という試算だった。

マイカップ・マイタンブラーの推進

スターバックス コーヒー ジャパンはストローのみにとどまらず、店内で使用するその他の使い捨てプラスチック資材削減に向けた取り組みを積極的に推進していくとしています。

スターバックスは「マイカップ・マイタンブラーの推進」など、サステナブル(持続可能)な未来をつくる取り組みをしています。未来においても人が暮らせるように、地球環境を維持するための取り組みです。

その取り組みとして、

  • マイカップ持参で、税抜本体価格から20円を値引き
  • ミルクパックゴミは、ペーパーナプキンなどにリサイクル
  • コーヒー生産者の生活向上ために、倫理的調達に取り組む
  • コーヒー豆かすを飼料やたい肥として再資源化
  • 抽出後のコーヒー豆かすなどの廃棄物を利用した内装ボードを一部の店舗で使用

などが挙げられます。スタバ利用者には気づかないような細かい取り組みが、スタバのこだわりや本気具合が感じられる印象でした。

「紙ストロー」に対して、ユーザーの反応は?

SNSでは次のような反応がみられました。

まだ分からないけど環境に優しいので私は賛成です!来年の1月、寒いと思いますが紙ストロー 目当てにアイスコーヒーを飲みたい

インドはプラスチック廃止への意識が強い!スタバのフラペチーノなんかも紙カップです。(ちなみにストローも紙ストロー)だんだんストローふやけちゃうけど全然気にならない!(笑)日本もそろそろ紙の時代が来るのかな

スタバ紙ストロー使いにくいとかストローよりカップを紙にしろとか森林伐採だとか文句言う人多いけど、 それならタンブラー持っていってタンブラーから直接飲めば解決。ストロー付きの容器や使い捨てではないストローも世の中にはあります。 快適さと便利さだけを求める時代は終わりましたよ。

ただ飲みにくくなるだけ。紙ストローってフニャっちゃってまずいもん。ストロー必要な人は有料にして全部紙コップにすればいいのに

紙ストローはもっと早くから始めてもよかったのでは?と思う というか、スタバに限らず全ての店で早く導入しよう

環境を考えたエコ活動に賛成、という意見が多い中、一部では「紙ストローはふにゃふにゃになるのがイヤ。」、「紙ストローは使いたくないのでステンレス製ストローを買おうかな…」という声がみられました。

紙ストローは、まだまだ日本では馴染みのないものなので、ユーザーの受け入れには少し時間がかかってしまいそうです。

「紙ストロー」が苦手な方はマイタンブラーを使ってみては?

頻繁にスタバを利用する方々の中には、毎回マイタンブラーを持参するする方がいるようです。「紙ストロー」が苦手な方は、マイタンブラーを使うとストローも必要なくなるのでオススメです。

さらに、マイタンブラーを持参すると通常のドリンクの値段よりも20円割引になるので、お得にスタバを利用することができます。

テイクアウトの際も、温度が変わってしまったりこぼれてしまう心配が少なくなるのでおすすめですよ。

【関連記事】

環境にやさしい店舗も

それぞれの地域性を活かしたデザインで、お客様と地域、自然をつなぎ、地域に愛される店舗づくりを心がけています。近年の未利用の国産木材の増加という問題に着目し、店内のテーブルやインテリアに、地元あるいは地域とつながりのある木材を使う取り組みを進めています。

また、抽出後のコーヒー豆かすや火力発電所で発生する石炭灰などの廃棄物を利用して作られた再生材比率約60%の内装ボードを一部の店舗で使用しています。

大阪・梅田にオープンした『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』でも、森や川、そして海など地域の自然環境を考えるきっかけとなる、未来へつなげるアートが使われた店舗になっているんです。

木のぬくもりを感じるリラックスした空間とともに、コーヒーを片手に自然の大切さとそれが永続的に続くことへの想いをスターバックスは考えているそうです。

今飲める!期間限定ドリンク

▼「ナッティ ホワイト チョコレート フラペチーノ®

香ばしいナッツ×ミルキーなホワイトチョコレートを使用した、クリスマスツリーにイルミネーションを灯す瞬間をイメージしたフラペチーノ♩

2019年11月22日(金)~2019年12月25日(水)※なくなり次第終了です。

▼「ナッティホワイトモカ

クリスマスツリーにイルミネーションを灯す瞬間をイメージしたエスプレッソビバレッジ。ホワイトチョコレートとヘーゼルナッツに香り高いエスプレッソを加えた風味豊かなホワイト モカです。

2019年11月22日(金)~2019年12月25日(水)※なくなり次第終了です。

クリスマス限定グッズ

▼スタバ「タンブラー&グッズ」全18種類

ホリデーシーズン 2019第2弾タンブラー&グッズ!今年も売り切れ必至のキュートなデザインです。

コメント